犬の諸君 うつ病から飼主を救おう!

飼い主の様子がおかしかったら、心療内科での受診を勧めましょう。下記のような状態が継続して、2週間を超えると要注意。誰でもかかる可能性のある病気です。恥ずかしいことはありません。早く処置すれば、早く治ります。飼い主が病気になったら、さぁ~、困った! ご飯はどうする? 散歩はどうなる? そんなことにならないように、犬のみなさんが、飼い主の健康管理を行いましょう。

次のような症状は要注意!。 なお、私ドクター・ワトソンがモデルとなっているのであって、犬のみなさんがこのようになっているのは関係な~い! 飼い主がこのようになったら、要注意!

なにもしたくな~い!

モデル:ドクター・ワトソン

朝起きれな~い!

モデル:ドクター・ワトソン

外が晴れてても、遊びたくな~い!

モデル:ドクター・ワトソン

■ ご報告 2004年07月31日 ■
このサイトをご覧になられた病院勤務の精神科医さんより、「内容がとても総合的に充実している。精神科医の私にも参考になった!」とお褒めの言葉をいただきました。

■ お礼 2005年06月10日 ■
「このサイトに出会えて気持ちが楽になった」と言うメールを多数いただいております。また、Yahoo!登録の申請を行っていただいた方、どなたか存じませんが感謝です。本当に、みなさま、ありがとうございます。

■ 内容の見直しを開始(大規模改変中) 2011年06月15日 ■
小規模な見直しは行っていましたが、大規模な見直しに着手しました。このサイトを作った頃より、うつ病も広く一般的に普及してきました^^; 非定型うつ病なる言葉も、生まれてきました。乞うご期待ください! 完了時期は、いつになるかは、不明わん!

■ URLを変更しました。 2011年12月30日 ■
大規模変更にあわせて、URLを変更しました。「301リダイレクト」処理をしていますので、従来のアドレスからも自動的に新URLにとんで来れます。但し、将来のことを考えて、リンクやブックマークは、ご変更願えればと思います。