http://watchan.net/ac/ アダルトチルドレン(機能不全家族)の生き辛の原因を詳細解説!
犬のワトソン > アダルトチルドレン講座 > 

家庭内で発生する心の傷とは、機能不全家族とは、

 
最近のアダルトチルドレンの定義は、家庭内で心の傷を受けたことと変遷してきています。では、どんな場合に、子どもは、心の傷を受けるのでしょうか?
また、アダルトチルドレンの言葉の生みの親のクラウディア・ブラックは、機能不全家族について、どのように考えていたのでしょうか?
 
アダルトチルドレンのかた待望の西尾和美さんのCDです。

CDでちょっと高いですが、日本一番のアダルトチルドレンの権威のCD手に入ると思うと安いものです。調子の良いときに、繰り返し聞いてください。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット[CD-ROM]  著者:西尾和美 , 価格:¥16,690

Amazonのカスタマーレビューは絶賛です(ここから飛べます)。
 
家庭内で発生する心の傷

  1. 子どもに対して、身体的虐待があった。
  2. 子どもに対して、性的虐待があった。
  3. 子どもに対して、言葉によるいじめなどの精神的虐待があった。
  4. 子どもは多感です。子ども自身に向けた虐待はなくても、次のような事象で子どもの心は傷つきます。
    1. 家庭内が不和であった。
    2. 家庭内に怒りの爆発がよくあった。
    3. 愛情が欠如した寂しい家庭であった。
    4. 人格や尊厳が否定されるような行動や言葉がある家庭であった。
    5. 傷つく言葉を言われる家庭であった。
    6. 罪の意識をうえつけられる家庭であった。
    7. なんらかの脅しがある家庭であった。
    8. 家庭内でおこっていることを外で話さないように言われる家庭であった。
    9. 見捨てられることを言われる家庭であった。
    10. 他人や兄弟姉妹とたびたび比較される家庭であった。
    11. 親の思い通りに制御される家庭であった。
    12. 親の期待が大きすぎる家庭であった。
    13. 他人の目を気にする、表面だけよくふるまう家庭であった。
    14. 多くの秘密がある家庭であった。
    15. 容姿をからかわれることがある家庭であった。
    16. 自分の存在を否定された家庭であった。
    17. 依存症や共依存の者がいる家庭であった。
    18. 家庭内ルールに一貫性がない家庭であった。


子どもの心が傷つけば、虐待にあたります。確かに、どこの家庭でも、まれに、このようなことが発生することもあります。しかし、機能不全家族では、これらのことが、「たびたび発生している」と言う点で違いがあります。
 
 
機能不全家族とは

アダルトチルドレンの言葉の生みの親のクラウディア・ブラックの著書「私は親のようにならない(改訂版)」から、機能不全家族の子どもの役割、そして、そこから子どもが学ぶことについてを要約して記載します。機能不全家族の子どもたちの役割が4種類書かれています。これのいずれか、または複数を演じることで、家族システムを安定させる役割を子どもが担うことになります。
  1. 家族の責任を負う

  2. 家族が機能していないので、自分のことは自分でしなければならない。さらに、弟や妹が居れば、その子のことも親の代わりに責任を負う。掃除、洗濯、食事の用意も、家族の責任を負う。これらの家事のスケジュールを立て、目標にまい進する。

    1. 学ぶこと<強み>
      1. 几帳面
      2. リーダーシップ技術
      3. 意思決定者
      4. 創始者
      5. 完璧主義者
      6. 目的志向
      7. 自分に厳しい

    2. 学ぶこと<弱み>
      1. 人の言葉に耳を傾けることができない
      2. 従うことができない
      3. 遊ぶことができない
      4. リラックスできない
      5. 融通が利かない
      6. いつも正しくなければならない
      7. 激しいコントロール要求
      8. 間違いを極度に恐れる
      9. 自発性の欠乏

  3. 順応者

  4. 家族が機能していない混乱の中でも、順応していく。親が言うことが変化しても、口答えしない。
    • 親が酒を飲む前は遊びに行くことをokしていて、酒を飲んだことにより遊びに行くことはダメと言っても、承諾する。
      なぜならば、口ごたえしてもろくな結果にならないことを知っているため、諦めている。

    1. 学ぶこと<強み>
      1. 柔軟性
      2. 従うことができる
      3. 気楽な態度
      4. 悪状況に動転しない

    2. 学ぶこと<弱み>
      1. 何かを始めることができない
      2. 決断することを恐れる
      3. 方向性の欠如
      4. 選択肢や能力を認識できない
      5. 疑問を持たずに従う

  5. なだめ役

  6. 夫婦喧嘩をなだめる。泥酔した親をなだめる。

    1. 学ぶこと<強み>
      1. 思いやりがある
      2. 共感的
      3. 聞き上手
      4. 他人に対して繊細
      5. 気前がいい
      6. 愛想がいい
      7. 暖かい

    2. 学ぶこと<弱み>
      1. 受け取ることができない
      2. 自分のことに専念できない
      3. 罪悪感
      4. 怒りに対する恐れが強い
      5. 不適切な行動に対する耐性が高い

  7. 問題をおこす

  8. 自分自身が問題を起こすことで、本当の家族の問題から周囲の視点をそらす。

    1. 学ぶこと<強み>
      1. 自分の感情に寄り添う
      2. 否認が軽度で、より正直である
      3. 創造的
      4. ユーモアのセンス
      5. 疑問を持たずに人を先導することができる

    2. 学ぶこと<弱み>
      1. 不適切な怒りの表現
      2. 指示に従うことができない
      3. 侵入的
      4. 若年時の社会問題(不登校・嗜癖・高校中退・10代の妊娠)
 
 
機能不全家族のルール

クラウディア・ブラックは同書のなかで、機能不全家族のルールを次のように述べています。

  1. しゃべるな!・・・本当に困っていることを、話してはいけない。
  2. 信じるな!・・・他人に頼るのは安全でないと学習してしまう。
  3. 感じるな!・・・恐れ・悲しみ・怒り・当惑・罪悪感の感情を持つと生き残れないから、自分の感情を否認する。
  4. 考えるな・疑問を持つな!・・・なにが起こっているのか考えないほうが楽になれる。
  5. 要求するな!・・・質問をしない、頼まない。
  6. 遊んではいけない!・・・家族を安定にするために、遊んでいる時間はない。
  7. 間違えてはいけない・・・
 
 
 
 
 
アダルトチルドレン(AC)とは 犬のワトソン アダルトチルドレン講座 アダルトチルドレン(AC)の症状