http://watchan.net/ac/ アダルトチルドレン(機能不全家族)の生き辛の原因を詳細解説!
犬のワトソン > アダルトチルドレン講座 > 

アダルト・チルドレンと家族−心のなかの子どもを癒す 斎藤 学 (著)

 
この本の目次を見てください。家族に傷つけられた子供、精神障害の関係が明確にかかれています。お勧めの書籍です。
 
アダルトチルドレンのかた待望の西尾和美さんのCDです。

CDでちょっと高いですが、日本一番のアダルトチルドレンの権威のCD手に入ると思うと安いものです。調子の良いときに、繰り返し聞いてください。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット[CD-ROM]  著者:西尾和美 , 価格:¥16,690

Amazonのカスタマーレビューは絶賛です(ここから飛べます)。
 
 
著者、出版社、発行日、概要
アダルト・チルドレンと家族−心のなかの子どもを癒す


著者:斎藤 学 出版社:学陽書房
発行日:1996年04月 価格:¥1,631(税込)


【内容(「MARC」データベースより)】
アダルト・チルドレンとは「安全な場所」として機能しない家族のなかで育った人々のこと。親から受けた心の傷を癒し、本当の自分を取り戻す方法を具体的に提示する。
 
 
目次

 まえがき
 第1章 家族に心を傷つけられた子どもたち
  • 「安全な場所」を欠いた子ども
  • トラウマとは何か
  • トラウマをもたらすもの
  • 繰り返し傷つく人々
  • トラウマが人生を支配するとき
  • 憎しみへの嗜癖
  • 誘拐ごつこをしていた子どもたち
  • なぜ人によって反応が違うのか
  • 親から受けた心の傷
  • 児童虐待は精神障害の原因
  • 家族から受けた心の傷の回復
 第2章 家族という危険地帯
  • 家族制度のたくらみ
  • 家のなかで起こる暴力
  • 殴られ続けている女性たち
  • 自尊心のなさが生む「共依存」
  • 共依存と親密性の違い
  • 「暴力」と「愛の告白」
  • バタード・ウーマン
  • なぜ逃げ出さないのか
  • 危険な一目惚れ−ある夫婦の場合
  • その親たちの人間関係
  • 夫婦の暴力のなかで育つ子ども
 第3章 アダルト・チルドレン
    (トラウマにさらされた子どもたちのその後)
  • アダルト・チルドレン
  • 忘れ去られた子ども
  • 機能しない家族
  • 家族のなかでの子どもたちの「役割」
  • アダルト・チルドレンの感情と行動
  • 失われた記憶−慢性ショック
  • 精神医学から見たアダルト・チルドレン
  • 「生き残り」の意味
  • アダルト・チャイルドを自覚するまで
 第4章 荒れるアダルト・チルドレン
  • 荒れるアダルト・チルドレン
  • ACとしてのヒットラー
  • 攻撃的なアダルト・チルドレンの誕生
  • 「やさしい暴力」
  • ロボット・ママさんの癒し手たち
  • 「親に復讐し続ける」という青年
  • 暴力息子からのプレゼント
 第5章 「安全な場」を求めて
  • 「癒し」と「成長」
  • 人と親密になれなかった男性
  • 「偽りの自己」からの旅立ち
  • エンパワメント
  • 「安全な場」の発見と確保
  • セルフケアの力を伸ばす
  • グループのなかの安全
  • 過去のストーリーを語る
 第6章 「嘆き」から「癒し」へ
  • さまざまな癒しの方法 − 回想と嘆き
  • 失われたものを嘆く
  • インナー・チャイルド
  • インナー・チャイルドとの不幸な出会い
  • 怒りと涙
 第7章 変化する私
  • 「嘆きの仕事」の進み方
  • 私・物語を語ることの意味
  • 物語の変化と深まり
  • 再誕生の体験
  • 人間関係の再構築
  • 私を守る私
  • 怒りの受けとめ方−親と治療者へ
  • 「自分」を発見する

 
 
 
 
 
心の傷を癒すカウンセリング366日−今日一日のアファメーション 犬のワトソン アダルトチルドレン講座 「自分のために生きていける」ということ