http://watchan.net/ac/ アダルトチルドレン(機能不全家族)の生き辛の原因を詳細解説!
犬のワトソン > アダルトチルドレン講座 > 

インナーマザー−あなたを責めつづけるこころの中の「お母さん」 斎藤 学 (著)

 
 
アダルトチルドレンのかた待望の西尾和美さんのCDです。

CDでちょっと高いですが、日本一番のアダルトチルドレンの権威のCD手に入ると思うと安いものです。調子の良いときに、繰り返し聞いてください。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット[CD-ROM]  著者:西尾和美 , 価格:¥16,690

Amazonのカスタマーレビューは絶賛です(ここから飛べます)。
 
 
著者、出版社、発行日、概要
インナーマザー−あなたを責めつづけるこころの中の「お母さん」


著者:斎藤 学 出版社:新講社
発行日:2004年01月 価格:¥1,575(税込)


【内容(「MARC」データベースより)】
子の心の中で、いつまでも苛酷な批判者として存在するインナーマザー(内なる母)。そして、子は大人になってからも自分自身を責め続ける…。親子のあり方とは? 1998年刊「インナーマザーは支配する」の改題軽装版。
 
 
目次

 プロローグ 苛酷な批判者「インナーマザー」
  • 非合理な罪悪感
  • A子さんからの手紙
 第1章 あなたのお母さんは「聖母」ではない
  • サバイバーとスライバー
  • 生き残った人、サバイバーの特徴
  • 成長した人、スライバーの特徴
  • 抱きしめ、受け止めてくれる母親と「安全な場所」
  • 「父親」の仕事、「母親」の役割
  • 封印された感情、家族の秘密
  • 感情を鈍麻させていく子どもたち
  • 親に虐待された子どもは、自分をいじめる相手に近づく
  • 母親の虐待のカゲにある、父親のワーカホリズム
  • 「ネグレクト」という虐待
  • 女性と子どもへの暴力
  • 虐待する母たち
  • 多くの女性たちが性的被害を受けている
  • 解離する母は危ない
  • 母と子を分離しなければならない場合もある
  • 被虐待児を見つけたとき
  • ごく当たり前の家庭で起こる児童虐待
  • 言葉で殴り、期待で縛る「情緒的虐待」
  • 虐待する母親は虐待されていた子
  • 日本人の聖母像「つくすお袋」という幻想
  • 「バッド・マザー」を排除する男たち
  • 母は「いいかげん」ぐらいのほうがよい
 第2章 私の中の「私」、私の中の「母」
  • 母子カプセルの中の「一卵性母娘」
  • パワーのある母親と無力な娘のカプセル
  • 「マスオさん結婚」する都合のいい男たち
  • “マスオさん”が脱落するとき
  • カプセル化を進める少子化と家族の壁
  • 母親が排除したはずの「バッド・マザー」
  • 親の本音を暴く子どもたち
  • カプセルを壊そうというもがき
  • 母親の願望を満たす娘たち
  • 両親の夫婦関係は繰り返される
  • 「お母さんはかわいそう」がキーワードの一家
  • ほうっておけない親の存在
  • 「かわいそう」はずしが「母娘カプセル」はずし
 第3章 「親教」の信者たち
  • 「インナーマザー」に支配された心
  • 世間様にひれふす「親教」の信者たち
  • 「親教」に強く支配された家族の特徴
  • 「親教」のもとで子どもが演じる役割
  • 心の中で鳴り響く「親教」の教義
  • 「親教」信者の特徴1:行動が周囲の期待に縛られる
  • 「親教」信者の特徴2:適正な自己評価ができない
  • 「親教」信者の特徴3:適正なNOがいえない
  • 「親教」信者の特徴4:嫉妬深く、相手を束縛する
  • 「親教」信者の特徴5:被害妄想におちいりやすい
  • 「親教」信者の特徴6:自分の感情が感じられない
  • 「親教」信者の特徴7:寂しがり屋で、愛されたがり屋である
  • 「親教」信者の特徴8:自分で自分をいじめる
  • 「親教」信者の特徴9:離人感がある
  • 「親教」信者の特徴10:親にほんのり「申し訳ない」と思っている
  • 「親教」の矛盾とほころび
  • 選択肢がない「子ども」という「犠牲者」
  • 日本社会は「親教」に蝕まれている
  • 「親教社会」が崩れるとき
 第4章 「親教」のマインドコントロールを解く
  • 「親教」に侵されている私を自覚する
  • ジエノグラムで家系に繰り返すパターンを知る
  • 自殺という幻想のコミュニケーション
  • 現実の親とインナーマザーを区別する
  • 欲望を生み出し、インナーチャイルドを育てる
  • 「親教」から「個別主義」へ
  • 「これでいい」と自分で自分を肯定する
  • 自分のすべてに共感し、自分を受け入れる
  • 怒りを正当な自己主張に変えていく
  • グリーフ・ワークとインナーチャイルド・ワーク
  • はてしない「子ども返り競争」のバランスをとる
  • お互いに愛し合える異性の選択
 第5章 子ともの領域、親の領域
  • 問題を起こす子ども
  • 親と子のカプセルを分けるために
  • 子どもの「秘密」に触れない
  • 性的領域に立ち入らない
  • 夫婦関係に子どもを巻き込まない
  • 「金は出さないが、口も出さない」
  • 家離れと自分の在り方、家族の在り方
  • 一貫した人格を持つ親がよい
  • ささいな言葉が子どもの一生を縛る
  • 他人との比較、勝ち負けを重視しない
  • 「男の子だから」「女の子だから」の言葉が感情を奪う
  • 自分で決めた人生を子どものせいにしない
  • 親は子どもの「等身大のモデル」であれ
  • 無条件の愛が「自信」を生む
  • 自信の根本は「たっぶり愛された」という確信
  • 違う者どうしが共感し合い、個性が調和するということ
  • ある仲間からの手紙
 あとがき

 
 
 
 
 
「自分のために生きていける」ということ 犬のワトソン アダルトチルドレン講座 心の傷を癒すカウンセリング366日−今日一日のアファメーション