http://watchan.net/affiliate/ アフィリエイト講座
犬のワトソン > アフィリエイト講座 > アフィリエイト申請手順
 
2回審査を受ける
広告代理店へアフィリエイト(アフリエイト)の申請をします。そして、広告代理店の審査が合格した後に、その広告代理店と提携している広告主(提携サイト・ECサイト)のなかから、自分のサイトに出したい広告主(提携サイト・ECサイト)を探します。そして、再度、広告主(提携サイト・ECサイト)の審査を受けることになります。
 
 
広告代理店へ申請・審査
まず、通常は、広告代理店でサイトの審査が行われます。審査がない広告代理店の場合もありますし、審査が非常にきびしく、個人の一般的なサイトでは、なかなか合格しないところまであります。広告代理店には、成約型が中心のところ、クリック型が中心のところに分かれます。クリック型中心のところに、審査がきびしいところがあります。
申請で記入する事項のうち、ユニークビジターとページビューは、次の意味になります。
ユニークビジターとは、訪問者(ビジター)を重複カウントしないで算出した人数です。ページビューとは、サイト内のページが1回表示されると1ページビューとなります。例えば、同じ人が、その日にトップページに何回飛んできても、ユニークビジター数は1ユニークビジターです。1人の訪問者が、サイト内をうろうろして、10ページを見たとすると、10ページビューです。1ユニークビジターあたり平均10ページ見るとすると、100ユニークビジターで1000ページビューとなります。なお、サイトに設置されているカウンタにも、ユニークビジターだけをカウントするものと、カウンタの設置されているページが開かれるたびにカウントするものがあります。
メールアドレスですが、広告代理店からは新規広告主(提携サイト・ECサイト)のお知らせ、提携した広告主(提携サイト・ECサイト)からは新商品の紹介などのメールが来るようになります。複数のメールアドレスをもたれている場合は、アフィリエイト(アフリエイト)用にメールアドレスを持つほうが良いでしょう。
 
広告主(提携サイト・ECサイト)へ申請・審査
自サイトのコンテンツに適した広告が見つかれば、広告代理店のサイトから、広告主(提携サイト・ECサイト)に申請することになります。あなたのサイトの概要などは、既に、広告代理店への申請時点で記載しているため、記載事項などは必要なく、クリックなどですみます。無条件承認、法人サイトのみなどの条件が明示されていますが、基本は、広告主(提携サイト・ECサイト)の基準で判断することになります。無条件承認でない場合は、数日、待つことになります。
 
 
申請するときに必要な情報
申請する情報は決まっています。メモ帳に下記のものをあらかじめ作成しておきます。コピー・ペーストしながら、一度に全部申請しましょう。広告代理店に同じ広告主が登録している場合もまれにありますが、基本的には異なります。多くの広告代理店に登録(アフィリエイト)しておくほうが、広告を選べる範囲が増えます。 記載すべき事項は、次のようなものです。
1)個人情報
(1)氏名/会社名(漢字)
(2)フリガナ(カタカナ)、または、ふりがな(ひらがな)
(3)郵便番号
(4)住所
(5)TEL
(6)ログインID(指定される場合もある)
(7)ログイン用パスワード(指定される場合もある)
(8)Eメールアドレス

2)口座情報(登録時点でしなくても良いところもある)
(1)金融機関名
(2)支店名
(3)口座番号
(4)口座タイプ
(5)口座名義

3)サイト情報
(1)サイト名
(2)サイトURL
(3)ユニークビジター(1日のユニークユーザ)数
(4)サイト内容の説明
 
 
 
 
 
アフィリエイト申請手順 犬のワトソン アフィリエイト講座 アフィリエイトの関連書籍