心の傷の処理
斉藤学の本から


アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす (別窓)
cover 著者:西尾 和美  出版社:学陽書房
発行年月:1997年05月  価格:¥1,575(税込)
内容(「BOOK」データベースより):家族から受けた心の傷から、人間関係でうまくいかないなどの生きづらさを抱えるアダルト・チルドレン。自分をアダルト・チルドレンと自覚したところから、どのように心の癒しをすすめればよいのか。そのさまざまな方法を紹介し、安全な場所として機能する家族のビジョンを提示する、自分と家族を愛するための一冊。
 目 次
まえがき

第1章 自分の人生を取りもどそう
   おもてから見える家族
   心を癒す仕事
   家族という暗闇
   自分を癒すために

第2章 家族になにが起こつていたのか
   家族が子どもを傷つけるとき
   虐待の起こつている家族
   仲が悪く、怒りの爆発する家族
   愛のない冷たい家族
   親の期待が大きすぎる家族
   他人の目を気にする、表面だけよい家族
   秘密があまりにも多い家族
   親と子どもの関係が逆転している家族
   子どもを過度に甘やかし溺愛する家族
   アデイクションのある家族

篇3章 心の傷が生み出す病
   アダルト・チルドレンの抱える問題
   さまさまな精神病
   心の傷を受けた後遺症(PTSD)
   子どもへの虐待
   子どもの暴力、非行、登校拒否など
   パートナーヘの虐待とパートナーからの虐待
   アデイクション
   「共依存」という病

第4章 アダルト・チルドレンの癒し
   突然家出したブレンダ
   性的虐待を思い出す
   かばわなかった母親
   受け継がれていた性的虐待
   インナーチャイルドを癒す
   現実の振る舞いを変える
   家族との関係を取りもどす
   アファメーション
   癒しへの道のり
  癒しの手紙を書く

第5章 リプロセス・リトリート
   リプロセス・リトリートとはなにか
   リプロセスに取り組む
   家族関係を変えた加代子
   親への怒りと悲しみ
   なぜ癒しが起こるのか

第6章 共依存の癒し

第7章 機能する家族とは
   庭の木が教えてくれたこと
   機能する家族
   コミットメント
   自分の子どもを知ること
   子どもの話を聞く
   自分の成長、家族の成長

あとがき

アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法
(別窓)
cover 著者:西尾 和美  出版社:学陽書房
発行年月:1998年05月  価格:¥1,890 (税込)
内容(「出版社」より):自分に出会える新しいワークブック! アダルト・チルドレンのためのワークブックがついに登場! 書き込みながら家族の問題や自分の問題に気づき、向き合える本。生き生きとした自分を取り戻すために、パワフルな自分の未来像を描き出し、実現させていくためのステップを網羅した、新しいワークブック!
 目 次
第1部 自分の過去を知る
   step1 本当の自分を取りもどすために

      誰でも家族のなかでコミュニケーションを学ぶ
      自分に向き合うことの意味
      自分について学ぶために
      癒しをはじめるまえに

   step2 いまの自分を知る
      自分を見つめ直す●アダルト・チルドレンのチェックリスト
      他人の問題にふりまわされていませんか?●共依存のチェックリスト
      自分に期待をかける

   step3 あなたの家族に何が起こっていたか
      自分の家族をふりかえる●機能不全家族のチェックリスト

   step4 あなたに何が起こったか
      自分の傷を認める

   step5 あなたが家族から学んだこと
      家族から受ける影響
      機能不全な家族のパターン
      虐待の起こっていた家族
      自分の心の状態を知る●心の状態を知るためのチェックリスト
      自分の行動と家族の問題とのつながり

第2部 自分の癒しに向き合う
   step6 心の傷を表現する

      イメージを絵にして表現する
      心の傷を描いてみる
      思い出を書いてみる
      からだで思い出を表現する

   step7 グリーフ・ワーク
      失われたものを嘆く
      ワーク1:言えなかったことを口に出す
      ワーク2:出さない手紙を書く

   step8 自分の新しい過去をつくる
      自分の新しい過去をつくりだす
      リプロセス・ワーク
      過去の経験から学ぶ
      自分の強い力を感じとる

   step9 インナーチャイルドを癒す
      自分のなかのインナーチャイルドを育てる
      ワーク1:インナーチャイルドの絵を描く
      ワーク2:インナーチャイルドを抱きしめる
      ワーク3:インナーチャイルドに話しかける

   step10 自分を受け入れる
      自分をいたわる手紙を書く

第3部 新しい自分に出会う
   step11 自尊心をつくる

      新しい自分を築くために
      自尊心を傷つけるもの
      自分に健全なメッセージを贈る
      自分のためのアフアメーションをつくる
      自分の世話をする方法

   step12 相手をできるだけ許す
      許すことにチャレンジする
      ワーク1:よい思い出を書いてみる
      ワーク2:イメージワーク
      ワーク3:許す手紙を書く

   step13 新しい人間関係をつくるために
      新しい関係のつくり方を学ぶ
      怒りの処理の仕方
      怒りのからくり
      怒りがもたらすからだの変化
      怒りが引き起こす行動
      怒りをどう学んできたか
      怒りのもとを探る
      怒りは多くの場合、二次的な感情である
      怒りが出やすいときを知り、行動をコントロールする
      新しいコミュニケーションを学ぶ
      非難、攻撃、いやみ、皮肉に気をつける
      説教やアドバイス、講義は頼まれたときにだけする
      話はお互いに順番を待ってかわりばんこにする
      相手に対して批判的にならないように聞く
      声の質、ボリューム、顔つき、ふるまいに気をつける
      アクティブ・リスニング
      思いこみと投影に気をつける
      相手を変えようとせず、自分の行動、言動を変える
      話を一般化してしまわないで、話の焦点をしぼる技術
      過去を持ち出さず現在に焦点を置く技術
      ストレートな話し方をする
      「ごめんなさい」と「ありがとう」を言う

   step14 自分に起こった出来事に大きな意味を見つける
      自分の学んだことを確認する
      自分の権利を知る

   step15 実際に自分の行動を変える
      自分の変化を見つめ直す●進歩のチェックリスト
      自分の人生のゴールをはっきりさせる
      ワーク1:今日だけは
      ワーク2:明日のプラン
      ワーク3:5年後の自分
      ワーク4:将来の自分
      ワーク5:自分の将来のイメージに近づく

   step16 サバイバーからスライバーへ
      サポートしあう仲間をつくる
      サポート・グループのつくり方
      健全な人間像
      おめでとう!

心の傷を癒すカウンセリング366日―今日一日のアファメーション  講談社プラスアルファ文庫 (別窓)
cover 著者:西尾 和美  出版社:講談社
発行年月:1998年10月  価格:¥987(税込)
内容(出版社/著者からのコメントより):「自分はだめだ!」と悲観的にならず、前向きに生きるために 毎日毎日、新しい健全なメッセージを自分に送り続けることで、ポジティブな自分に変われる!自分を肯定し、自分を愛し、大切にしよう。道はひらけてくる!! 機能不全な家族の中で育ったアダルト・チルドレンや、自分のことより相手の問題にとらわれてしまう共依存症の人たち、また過去の傷にとらわれて心を解き放すことができずに悩んでいる人たち、自分を愛することができずに苦しんでいる人たち、心の病は誰にでも起こります。毎日毎日、新しい健全なメッセージを自分に送り続けることで、ポジティブな自分に変われます!この本は「自分はだめだ!」と悲観的にならず、前向きに生きるための本です。
 目 次
文庫版まえがき
はじめに

●1月
日標にとらわれず、気楽に /  「自分は何かができる!」 /  体と心のバランスをうまくとる /  他人の目を気にしないで /  他人の言葉や行動に左右されない /  相手を威圧、攻撃していませんか? /  感情は殺さず、あるがままに /  「うつな感情」とは? /  落ち込みから抜け出すためには? /  「イヤな感情」も人生の大切な一部 /  他人と自分の感情の境界 /  自分で選択するカを /  「身につくまで、ふりをしろ」 /  親の愛とは本来、無条件なもの /  素直に愛情を伝えよう /  自分を尊敬できない人は? /  グチは言わない /  自分を思いっきりほめてあげよう /  人生にある程度のリスクはつきもの /  ウソがウソを生んでしまう /  不安や恐れに向き合ってみる /  悪口を言うのは自己評価が低い証拠 /  短所やまちがいを認める努力を /  自分の限界を知ると自由になれる /  現実を認めて問題に直面する /  ただボンヤリと生活しないで /  「あなたが」ではなく「わたしが」に /  結果を恐れず、勇気をもって行動を /  決断するときの四つのステップ /  自分の長所をさらに伸ばそう /  自分を大切にして心に栄養を

●2月
自分のために他人を許す /  「与してあげたい」と心から思う /  自分の中の鬼を追い出す /  失敗は人生の教師 /  カツとなることを他人に言われて /  最後まであきらめずにやりとげる /  人生の危機は、人生の機会 /  肯定的な人生観で明るく生きる /  「助けてください」と言える勇気を /  権威者を神様にするのはやめよう /  何か一つ、いつもと違ったことを /  自己犠牲では他人は感謝しない /  一人の時間を大切に /  「完璧さ」にとらわれないで /  段階を踏んで心のステップアップを /  目標に到達するまでの過程も大切 /  「聞く」力を身につける /  自分を愛し、受け入れること /  自分の欠点を認知する /  即座に報酬を得ることを求めない /  悪い習慣をどう変えるか /  相互依存は健全な人間関係から /  依存心から独立心、相互依存ヘ /  自分の問題、他人の問題 /  過去の心の傷を捨てる /  ものごとを自分から進んではじめる 自分で自分を破滅させない /  いい顔(表情)していますか? /  健全な人ってどんな人?

●3月
この世を去るときの自分像 /  約束を実行できるかどうか /  自分と他人を比較しない /  「ありがとう」の心を /  人生には設計図が必要 /  沈黙の時をもち、魂と体を休める /  負担になる古いメッセージは捨てる /  「家族だから」という圧力に負けない /  度が過ぎた貸し借りはしない /  想像力を豊かに /  本当のコミュニケーションを /  最初の「成功」は自分の心の成長 /  「助けてはしい自分」を認識する /  パニックを静めるには? /  不必要な人間関係に、さようなら /  回復には安全な環境と人間関係 /  人はみな、パワーを生まれつき持つ /  何ごとにもバランスが必要 /  自分の弱みから教わること /  心の大掃除を /  自分の殻に閉じこもらないで /  親友の大切さ /  他人との正しい距離のとり方 /  「こうするべきだ」というとらわれ /  魂が打ち砕かれてしまう /  家族中心主義の実害 /  ゼロから人生をやり直す /  黒と白の間には灰色がある /  「忍耐」とは何か /  「日常」を新しい目で見る /  「被害者意識」を売りものにしない

●4月
ウソの動機を調べる /  相手の言動や態度を記録しない /  微妙な言葉づかいに気をつけて /  人は「言わないとわからない」 /  「変化」には「不安」はつきもの /  より良い人間になるための人生学校 /  「もし〜だったら〜するのに」 /  カのない人に対する虐待をやめる /  「お金」は生活のすべてではない /  身近な人への頼りすぎに注意 /  会話は互いに投げ合い、受け合う /  社交辞令だけの会話はやめよう /  無理にわかってもらわなくてもいい /  「負けたくない!」と必死にならずに /  止頂こ、とで相手を責めない /  「いつも〜する」と言わないこと /  将来の可能性を否定しないで /  「自分が良くありますように」 /  自分の本当にやりたいことをやる /  些細な口論から最終結論を出さない /  体の調子は心に左右されるもの /  「怒り」は複雑な感情 /  あなたは愛情を得るにあたいする /  過剰な弧の意識は捨てよう /  自分を信じるためにはどうするか /  そんなにがんばらなくていい /  活発に人生に参加していますか? /  他人はコントロールできない /  問題や危機が起こっていないと空虚 /  人生を楽しむために心の中に広場を

●5月
自分の仕事にやりがいがありますか /  問題には、面と向かう必要がある /  自分の人生の憲法をつくってみる /  視野を広げて自分の世界を大きく /  自分の中の子どもと楽しく遊ぶ /  良い友人関係をつくる努力を /  現実の状況をはっきり見極める /  頼まれないときはアドバイスしない /  人権を侵害する行為には「ノー」を /  満足のいくセックスとは? /  他人の悪甘にまどわされないで /  自分の長所、能力を書き出すこと /  体は何かをあなたに伝えている /  心の痛みを媚じないこと自渦が問題 /  「第六感」は磨けば廉くほど冴える /  「怒り」の処理の仕方 /  あわてず、ゆっくり結論を /  怒るのも受け続けるのも不健康 /  罪の意識にさいなまれるのはやめる /  すべて自分が悪いと思わないで /  堂々と自分の世話をしよう /  自分を知るには、まず親を知る /  心の傷を繰り返し語ることが大切 /  才能がないからと、あきらめないで /  まちがったら、やり直せばいい /  みにくいあひるの子も美しい白鳥に /  ゆっくり待つということ /  ストレートなメッセージが大切 /  進歩が止まったら一休み /  誰かに幸福にしてもらいたいですか /  他人の短所ばかり見ないように

●6月
目標を忘れていませんか? /  小さな傷が大きな傷に /  子ども時代の成長を取り戻す /  ころんだら、また起きればいい /  自分を守る鉄格子は、もうはずす /  いつか、涙が乾くときがくる /  男よ泣け! 女よ怒れ! /  無邪気に遊ぶ子どもの心を /  否定的な人に影響されないで /  悪い習慣になっている態度を直す /  心が動揺したときは深い呼吸を /  いいときもあれば、悪いときもある 嵐の最中に一人で闘うのはやめよう /  自分の中の感情と対話を /  自分が憎ければ、人を愛せません /  ひもつきの助けは罪の意識を生む /  疲れたときは短い昼寝を /  同じまちがいは三度繰り返さない /  何か一つ、自分の体によいことを /  自然にふれる機会を /  拒絶する自分と、拒絶された自分 /  人間関係を選ぶのも、生きる技術 /  暗中模索の過程で真実が明らかに /  誰もが隠しもっている心の宝石 /  やめてしまう人、とことんやる人 /  きれいな花を咲かせてみよう /  回復、改善の長い努力 /  自分はどんな人と恋愛するのだろう /  本当にやらなければならないことは /  「人間、誰でも欠点はある」

●7月
小さな成功を重ねていく /  人生のブレーキをはずして前進 /  外づら、内づら、2人の自分 /  「希望」を「目標」に変えよう /  自分を惨めにするのはもうやめよう /  「感情」は瞬間ごとに変わる /  自分の中の男と女のバランスをとる /  「体験すること」は「知ること」 /  「血となり、肉となる」実践を /  「よくやったね」と自分をほめる /  「助けの輪」を広げていくこと /  依存してもいい相手をきちんと選ぶ /  回復の過程を乗り越える /  むやみに後悔しないで失敗を成功に /  言いたいことは、はっきり言おう /  悲しいときは、声を出して泣こう /  楽しかったことを思い出してみよう /  無力さを売り物にしないで /  新しい見方、考え方に刺激を受ける /  自分の恐れ、不安はどこからくるか /  遊ぶ、楽しむ、そしてボーッとする /  何か情熱をもてるものを探す /  幸福感と失望感のバランス /  自分の顔の表情に責任をもって /  心の中の子どもは、いま何歳? /  自分をじっくり知る時間を /  自然に心からの笑いが出るまで /  心から強い人は、偉そうにしない /  依存、共依存のゲームはやめよう /  自分が不幸で他人はいかに幸福か /  つい他人の心を凝ってしまう

●8月
自分を深く傷つけた人を許していく /  人はみな違うからこそ人生が豊かに /  自分のレベルを相手に押しっけない /  適当な刺激と、適当な休み /  「愛」と「コントロール」の違い /  相手を抹殺したいという本能 /  「これが自分だ」と思える部分を /  外の自分と内の自分の差を縮める /  苦しんでいるのは自分1人ではない /  小さな、静かな勇気がきっかけに /  人の虐待に知らないぶりをしないで /  一人で悩まず、仲間と一緒に /  極端な見方で、他人を判断しない /  小さな成功を積み重ねること /  不健全な行動は自分の代で終わりに /  自分の流れている川はどんな川? /  ストレスを解消する方法 /  自分が生まれたことに「ありがとう」 /  人生は短い、やりたいことを /  ニセのにっこり仮面をとり真の笑顔 /  「これが最高の自分の力なのか?」 /  自分のどこに欠点があるかを認識 /  自分の長所ははめてあげよう /  個人の自由を守り、個性を尊重する /  親を責め続けていると成長はない /  過去を話すことで癒しが起こる /  変化しなければ、進歩はない /  はじめたら、終わりまでやりとげる /  毎日少しずつの進歩を /  心の穴に入って探求する /  一歩しりぞくことは大切な技術

●9月
他の依存症に移らないように /  自分にウソをつくのはやめよう /  自分は愛するに、あたいする人間 /  弱みにスイッチを入れられたとき /  「いったい自分は回復するのか」 /  喜びや楽しみを受け入れる準備を /  自分に過剰な期待をしないで /  今日起こることは、すべてが学習 /  自分が必要なものをはっきりさせる /  はめ言葉のない人には求めない /  まちがったら、直せばいい /  できないことがあってもいいのです /  「私しかいない」という考えに要注意 /  自分の責任と他人の責任は区別する /  どんな老人になりたいですか /  自分の惨めさ、つらさを自慢しない /  古い恨みつらみは捨ててさっぱりと /  自分のもろさを認め、現実を認識 /  「人生はなるようになるさ」 /  自分の都合をはっきり言う /  まわりとのつきあい方を自分で選択 /  誰かの思いどおりに動くのはやめる /  「明」と「暗」のバランスをとる /  まわりの人に合わせすぎると疲れる /  仕事の時間を意義あるものに /  「拒否のされ方」を覚えて恐れを消す /  仲間が必要 /  自分を助けるためのデッドライン /  自分が尊敬できる人の真似を /  健全な愛を受け入れよう

●10月
何をしてもだめなとき /  自分を無条件に愛しましょう /  現実を否認している間に、問題が 自分を信じること他人を信じること 自分のカを取り戻す /  イライラしたら深呼吸 /  混乱と乱雑さから抜け出そう /  人間関係がゴタつかない方法 /  「空っぼ」の愛を抱え込んだとき /  過激な運動ははどはどに /  自分は重荷ではなく相手への贈り物 /  謝ることを知らない人は謝る練習を /  好きな人の人格はどうですか? /  意地悪、いじめをしていませんか? /  「のめり込み」はだんだん進んでいく /  相手をバカにして暮らすと、報いが /  涙は深い傷を癒してくれる /  文句を言っていても仕方がない /  他人の噂や秘密は知らなくていい /  環境が違うのだから人生観も違う /  自分の努力や成果を謙虚に伝える /  いつも相手の言うとおりにならない /  期待を裏切られる人間関係はやめる /  価値観の異なる人は選ばない /  完璧主義にとらわれないで /  意見の違いを受け入れる努力を /  相手の悩みをじっくり聞こう /  「信頼」は少しずつの積み重ね /  イライラしていることに気づこう /  どんな夢を見ていますか? /  子どもより、両親の関係に問題が

●11月
お互いを叩きのめす闘争はやめよう /  自分の役と相手の役を交換” 文化的なことを生活に取り入れる ムダに怒ったり怒鳴るのはやめよう /  現在の行動が未来に影響する 白己が確立すれば、相手は恐くない /  親密な男女関係が長くもてないとき /  イヤな経験を繰り返さないように /  助けることが、本人をだめに /  現在の自分のあり方を大切に /  他人が何と言おうといいじゃ /  いつも文句を言っている人は醜い /  外からの毒気をシャットアウト /  ストレスがあるときはゆっくり休む /  有効な時間の使い方とは? /  「自分はできる、自分はやれる」 /  人の目を過剰に気にしないで /  「そっと見守る」というカをつけよう /  自分を責めたりきつく当たらないで /  何度も許して逆戻りしてはだめ! /  イヤな気分をもち続けるのはやめる /  必ず一つ優れたものがあるはず /  仕事のあり方を、もう一度考える /  マゾ的な我慢はやめ適当な忍耐力を /  自分の不幸を他人のせいにしないで /  いいときと悪いときの差をなくす /  自分に対して寛容に /  自分の人間の幅を広げよう /  空虚感を感じたとき /  条件なしに心からの援助を

●12月
迷惑をかけたものに対する償いを /  人生のムダづかいはやめよう /  大事な決断をしてはいけないとき /  相手のいまの状態が見えてくる /  適当な自己主張をしていますか? /  服装は自分を象徴するもの /  「完璧な愛」を追い求めないで /  相手が満足しないのは相手の問題 /  最悪の事態を想像し動きがとれない /  自己の発見、発展には時間と努力が /  相手のもろい部分に気を配って /  「与える人」から「与えられる人」に /  イヤなときには、はっきり「ノー」と /  「短所」が「長所」になる努力を /  人間は一人一人がユニークだ /  本当に必要な「ルール」を /  「死」を受け入れて心の安らぎを /  自分より弱い者の言うことを聞く /  愛の返ってこない人を愛さないで /  自分にやさしく、自分に愛を /  相手に過剰な期待はしないように /  理由もなしに恐れていませんか? /  「一日一日と自分はいい人間になる」 /  会いたくない家族と会うとき /  この世に生まれてきたことの意義 /  自分を大切にできる健全な忍耐カ /  「流れのままに」 /  この一年どんな成長がありましたか /  人間関係を振り返ってみよう /  自分の仕事に誇りがもてましたか? /  心の傷の蹴しに努力した一年でした

あとがき

心の傷の処理・クラウディア・ブラックの本から 犬のワトソン 心の傷と精神障害講座 本当の自分を知る