▼犬が行う飼い主の健康管理 うつ病▼
ドクター・ワトソン(犬)
▼私ドクター・ワトソン(犬)が作成してます。▼


飼い主の様子がおかしかったら、心療内科での受診を勧めましょう。下記のような状態が継続して、2週間を超えると要注意。誰でもかかる可能性のある病気です。恥ずかしいことはありません。早く処置すれば、早く治ります。逆に放置すると、最悪、自殺する可能性があります。飼い主が自殺してしっまたら、さぁ〜、困った! ご飯はどうする? 散歩はどうなる? そんなことにならないように、犬のみなさんが、飼い主の健康管理を行いましょう。




モデル
ドクター・ワトソン(犬)

ドクター・ワトソンからのメッセージ みんなが知っておくべき基礎知識 うつ病になったときに必要な知識 特別講座 「うつ病」ではない「うつ病」について 職場とうつ病、仕事による過労死・自殺 上級講座 長引くうつ病の場合(病気の長期化) 辞典 <さらに詳しく調べる情報はここに集約> おまけ1 うつ病に知り合ったことで人生に変化を おまけ2 ドクター・ワトソン 独断と偏見コーナー

HOMEに戻る