http://watchan.net/nishimura/ 心をいやす 心の詩 にしむら えいじ 詩集
watchan.net > 心をいやす 心の詩 にしむら えいじ 詩集 > 「風が吹くのを待つんだよ」から 1
 
 
 
 
 
どんなに小さな目標だって、
さいごまでつづけることで
大きな自信になるんだよ。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
こんなに大きなちきゅうの上に、
ぼくらはくらしているんだね。
ぼくの真下にいる人は
いまなにしているのかな。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
そんなにあせらないで、
風が吹くまで待てばいいんだよ。
そして風が吹いたら、
思いきり走るんだ。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
ごう華な料理も
いいけれど、
みんな笑顔で食事するのが
いちばんのごちそうだね。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
夢や希望も、
温かい気持で
見守ってもらうと、
大きくふくらむんだよ。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
お店に並んだ
たくさんのチョコも、
私がこうして手にしたとたん
特別なチョコにかわるんだ。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
この山が楽だと
言えるのは、
この山より高い山を
知っているからなんだよ。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
なにかを思いきって
やってみた時って、
たとえ失敗しても
思いきってやれたってことが
うれしいよな。
風が吹くのを待つんだよ
 
 
 
 
before home top next