http://watchan.net/pd/ 犬のワトソンの人格障害(パーソナリティ障害)講座
犬のワトソン > 人格障害講座 > 

パーソナリティ障害−いかに接し、どう克服するか (PHP新書)

 
この書籍は、「アメリカ精神医学会」の「精神疾患の分類と診断の手引DSM-IV-TR」の人格障害の10種類の分類に従って記載されています。各人格障害に、特徴と背景、接し方のコツ、克服のポイントが書かれています。一番初めに読む書籍として、最適な書籍です。ここでは、この書籍の目次をすべて紹介しています。
 
 
著者、出版社、発行日、概要
パーソナリティ障害−いかに接し、どう克服するか (PHP新書)


著者:岡田 尊司  出版社:PHP研究所
発行日:2004年06月 価格:¥819(税込)


【出版社/著者からの内容紹介】
現代人の多くが抱えているパーソナリティ障害の諸問題と解決策を、精神医学の観点から詳細に解説。豊富な具体例がとても参考になる。
パーソナリティ障害(人格障害)とは、偏った考え方や行動パターンのために、家庭や社会生活に支障をきたした状態のこと。愛を貪る、賞賛だけがほしい、主人公を演じる、悪を生き甲斐にする、傷つきを恐れる……現代人が抱える生きづらさの背景には、ある共通の原因があるのだ。アメリカ人の10%がパーソナリティ障害であるという統計もある。
本書は、境界性、自己愛性、演技性、反社会性、回避性など、パーソナリティ障害の10タイプそれぞれについて、(1)特徴と背景、(2)接し方のコツ、(3)克服のポイントを、具体的にわかりやすく解説してくれる。パーソナリティ障害全般に関する日本ではじめての入門解説書である。
▼巻末に付録として「パーソナリティ自己診断シート」がついている。人間関係で悩んでいる人は、このシートを利用することによって、人間関係回復のたしかな手がかりを得ることができるだろう。
 
 
目次

 プロローグ 現代人を蝕むパーソナリティ障害
  • 生きづらさの背後にあるもの
  • 職場や家庭、友人、恋人にも
  • 正しい認識と対処を
 第T部 パーソナリティ障害の本質
 第1章パーソナリティ障害とは何か
  • 行き過ぎた考え方や行動の偏り
  • パーソナリティ障害に共通する特徴
  • 自己愛の病としての側面
  • 生きづらさを補う適応戦略
  • 優れた点も
 第2章パーソナリティ障害はなぜ生まれるのか
  • 遺伝か環境か
  • 「ほどよい母親」と自我の基盤
  • 分離−個体化期の障害
  • 自己愛の病理
  • 心的外傷とパーソナリティ障害
  • 社会が生みす一面も
  • 背徳狂からDSM-Vの成立まで
 第U部パーソナリティ障害のタイプと対処
 第3章 愛を貪る人々 境界性パーソナリティ障書
  • 特徴と背景
    • 境界性とは、何の「境界」なのか?
    • 「死にたい虫」を飼う女子大生
    • 「見せかけの優しさでもほしい」少女
    • 最高と最低を往復する
    • 自殺企図と心理的コントロール
    • 見捨てられ抑うつと自己否定感
    • 根っこには親へのこだわり
    • 「17歳のカルテ」とウィノナ・ライダー
    • なぜ近年急増したのか
  • 接し方のコツ
    • 変わらないことか最大の支え
    • 心中しないために
    • 同情は「おんぶお化け」を生む
    • 自殺企図への対処
  • 克服のポイント
    • 両極端の間の選択肢を考える
    • 細く長くつながる
    • 自分で自分を支える
 第4章 賞賛だけがほしい人々 自己愛性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 自分は特別な存在
    • 非難に弱い。時には、引きこもりも
    • 優雅なる冷酷
    • 肥大した自己愛性
    • 二人のサルパドール・ダリ
    • 愛情略奪体験と傲慢さという鎧
    • 「獅子座の女シャネル」
    • 肥大した理想と釣り合わない外界
  • 接し方のコツ
    • もし自己愛者が上司や同僚だったら
    • 現実能力を補う
    • ロダンとカミーユ・クローデルの不幸な関係
  • 克服のポイント
    • 自分を狭めず、他人から学べ
    • よきマネージャーをパートナーに持て
    • 共に何かをする体験
    • 他社のために生きる
 第5章 主人公を演じる人々 演技性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 天性の誘惑者にして嘘つき
    • マーロン・ブランドと「うつ」
    • チャップリンの子供時代
    • ココ・シャネルと虚言
    • 映像メメディアの時代には大活躍
    • 根底にあるものは何か
  • 接し方のコツ
    • 仮面を無理に剥ぐな
    • 身体化症状とどうつ付き合うか
  • 克服のポイント
    • 自分自身と対話する時間
    • 石の上にも三年
    • 中身のあるパートナーを選べ
 第6章 悪を生き甲斐にする人々 反社会性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 他人を冷酷に貪る
    • タブーなき人々
    • 否定されてきた人生「復讐するは我にあり』
  • 接し方のコツ
    • 否定的な見方に敏感
    • 受容体験と無常観
  • 克服のポイント
    • 武蔵という生き方
    • 我が子に同じ人生を望むだろうか?
 第7章 信じられない人々 妄想性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 裏切りを恐れる
    • 疑り探さと過度な秘密主義
    • 権力者の病
    • 父親殺しと反権力
  • 接し方のコツ
    • 親密になるリスク
    • 正面衝突は回避せよ
    • 権力ゲームに巻き込まれない
  • 克服のポイント
    • 人の心は支配できない
    • 秩序愛と気配り能力を活かせ
    • 戦いに勝つより、許す勇気を
 第8章 頭の中で生きている人々 失調型パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • インスピレーション豊かな直感人
    • 人目を気にしないマイペース人生
    • ユングのオカルト趣味
  • 接し方のコツ
    • 本人のペースを尊重する
    • 社会へのコーディネーター役が大切
  • 克服のポイント
    • 身近なことをおろそかにしない
    • 人の気持ちに目を向ける
    • 発病の危機を乗り切れ
 第9章 親密な関係を求めない人々 シゾイドパーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 孤独と清貧の人生
    • 十年一日のごとく
    • 内面は意外に豊か
  • 接し方のコツ
    • 己の世界の侵害を恐れる
    • 本当の親しさを求めると失望
  • 克服のポイント
    • 己の世界を究める
 第10章 傷つきを恐れる人々 回避性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 食わず嫌いの人生観
    • ハリネズミのジレンマ
    • 誉められなかった子
    • トラウマ体験が生む回避
    • 頑張らせすぎた子に急増中
    • 「飛ぶのが怖い」
  • 接し方のコツ
    • 主体性を尊重する
    • 回避の慢性化、全般化を防ぐ
    • 義務を説いても動かない
    • 否定的な言い方は禁物
    • 無気力の温床を打ち破るには
  • 克服のポイント
    • 失敗を恐れない
    • 守りすぎることの弊害
 第11章 1人では生きていけない人々 依存性パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 赤ん坊型と献身型
    • 一人が苦手
    • ノーと言えない人々
    • 「ギルバート・グレイプ」無気力な母に縛られた子
  • 接し方のコツ
    • 代理人にならない
    • 答えを言わないアプローチ
  • 克服のポイント
    • 自分に人生を取り戻す
    • 自分の気持ちを口に出す習慣を
    • 人に奉仕する仕事が向く
 第12章 義務感の強すぎる人々 強迫埋パーソナリティ障害
  • 特徴と背景
    • 律儀で責任感の強い善人
    • 努力は報われるという信念
    • 捨てられない人
  • 接し方のコツ
    • こだわりの尊重と限界の設定
    • 視点を変える
  • 克服のポイント
    • 休養も仕事のうち
    • 責任を一人で背負わない
    • 他人に同じことを期待しない
 おわリに パーソナリティ障害をプラスの力に
  • かつては人格の陶冶こそ、学ぶ目的だった
  • 性格が丸くなるということ
  • 新たな社会の模索
 付録 パーソナリティ自己診断シート
 参考文献
 
 
 
 
 
受動攻撃性人格障害 犬のワトソン 人格障害(パーソナリティ障害)講座 ーソナリティ障害・摂食障害 (精神科臨床ニューアプローチ)