お犬様ご歓迎!(ドクター・ワトソン コンテンツ)
テリアのトリミング

毎年5月が近づくと、冬が終わり、ぽかぽかと暖かくなり、気分爽快といいたいところではあるが、私ドクター・ワトソンは、気が滅入ってくる。オヤジが、私ドクター・ワトソンのトリミングをする季節になるからである。

我々ケアーン・テリアのトリミングは、少し、特殊である。他の犬種の場合は、トリミングをすると、非常に可愛く綺麗になる。我々ケアーン・テリアのトリミングの場合は、可愛くもならないし、綺麗にもならない。ともかく、毛の量が減るだけである。トリミングも、ケアーン・テリアの独特の風貌(簡単に言えば、ばっち〜い雰囲気)に合わせておこなうようである。

まず、ケアーン・テリアの場合、毛がどのように生えているかであるが、硬い毛のオーバーコート(人間が、冬に着るオーバーコートと同じ意味ね)と、やわらかいアンダーコート(アンダーだから下着ね)に分かれる。このうち、オーバーコートは、自然に抜けず、古くなった毛は死に毛として残っている。

このオーバーコートの死に毛を抜くのが、ケアーン・テリアのトリミングである。死に毛を抜かれるのは、まったく痛くない。ところが、オヤジは、死に毛と生きている毛の区別がつかない。

ここまで読まれた方は、なんとなく想像がついたと思う。オヤジは、すべてのオーバーコートの毛を引っ張るのである。そして、結果的に、すべてのオーバーコートの毛がなくなるのである。すなわち、私ワトソンは、痛くてたまらないのである。

当然、私ワトソンは反撃する。ともかく、オヤジの毛をつかんでいる手にかみつく。オヤジに、相当なダメージを与えることは可能である。敵のオヤジは考えた。オヤジに言わすと、「左手しっぽつかみトリミング」だそうだ。私ワトソンは、腹立たしく、あほけと思うのだが、オヤジの左手で、私ワトソンのしっぽをつかみ、後ろ足が地面につかないまで持ち上げるのである。私ワトソンは、可愛そうに、前足だけが着地している。この状態では、あたまが、後ろに回せないのである。すなわち、オヤジの毛をつかんでいる右手にかみつくことが、ほとんどできない。そして、さらにであるが、もっとかわいそうなことが起こる。オヤジは、この瞬間に、できるだけ多くの毛を抜こうと、多くの毛をつかみ、引き上げる。あ〜、前足までも、宙に浮くのよね。

1日では終わらず、次の休みに、続きがおこなわれる。と、その休みまでの間、どうなるか? ばっさり、抜かれたところと、そのままのところに分かれる。簡単に言うと、はげたところがあるなんとも、かっこ悪い姿になる。

なお、「左手しっぽつかみトリミング」でも、トリミングが終わると、オヤジの手はヨードチンキがくまなく塗られることになる。充分、反撃できているのが、せめてもの救いである。

テリアのトリミング | ケアーン・テリア | 犬のワトソン

ワトソン!

死に毛だらけだから、ちょっと抜こうか?

「いいえ、結構です」

テリアのトリミング | ケアーン・テリア | 犬のワトソン

まぁ〜、そう言わずにと

言いながら尻尾をつかまれ、

抜かれ始めるかわいそうな私ワトソン

テリアのトリミング | ケアーン・テリア | 犬のワトソン

一房つかまれ、・・・

簡単に抜ける毛

テリアのトリミング | ケアーン・テリア | 犬のワトソン

「痛てっ!」

お前大げさ と言うオヤジ

テリアのトリミング | ケアーン・テリア | 犬のワトソン

数時間のち

疲れ果てているオヤジと私ドクター・ワトソン

お尻のあたりのオーバーコートがむしりとられている

かわいそうな私ドクター・ワトソン

オヤジとのパソコン争奪戦 犬のワトソン ボクは、ケアーン・テリアです^^; ドクター・ワトソンって、3人いるのね!