http://watchan.net/site/ サイト運営講座
犬のワトソン > サイト運営講座 > アクセスアップ・検索を上位にする方法
 
ドメインを取って、サイトを作ったとします。多くの訪問者が来てくれるかと思いきや、誰も来ないのです。そのために、同じテーマを扱っているサイトに相互リンクをお願いしたりします。 インターネットで情報を調べるときは、検索をしますね。あそこから飛んでこないかとい思うでしょうが、リンクがないと無理なのです。
 
 
検索は、大きく2つに分類
インターネットで情報を調べるときは、検索をしますね。よく使われているのは、Yahoo!とGoogleです。検索の結果には、2つの方法があります。
1)登録サイト
2)検索エンジンロボット=クローラー(ソフトウエア)による自動収集サイト




サイトの登録(「登録サイト検索」:Yahoo!、「ディレクトリ検索」:Google)
下記は、Yahoo! ヘルプ - Yahoo!検索のなかの一文です。

「登録サイト検索」の結果に表示されるサイトは、すべてYahoo! JAPANのスタッフによって閲覧され、カテゴリに分類された「ディレクトリサービス」によって掲載されたサイトです。インデックスクローラーによるロボット型全文検索サービスとは異なります。

なお、Yahoo!の登録審査は、非商用サイトは無償、商用サイトは有料です(ビジネスエクスプレス)。サイトの登録申し込み手順に詳しく記載されています。

Googleは検索エンジンロボットだけと思われている方がほとんどですが、検索窓上の「more」をクリックすると、ほかの各種のサービスが表示され、その中に、ディレクトリ検索があります。これが、登録サイトです。但し、この登録サイトは、Googleがされているのではなく、Open Directoryプロジェクト(dmoz)の内容になります。

Yahoo!に登録されるのは最近では至難の業(インターネットが普及していないころは簡単に登録されたらしい)、Open Directoryプロジェクト(dmoz)に登録されるのもむずかしいようです(運営上の問題も多々あります)。

Yahoo!やOpen Directoryプロジェクト(dmoz)での登録は困難でも、個人の運営している登録型の検索サイトが、数1000存在しています。このようなサイトは、ほとんど無審査ですから登録することができます。但し、この個人サイトから、検索して飛んでこられることは、ほとんどありません。では、なぜこのようなサイトが存在し、なぜ登録するのか?




検索エンジンロボット(「ウェブ検索」:Yahoo!、Google)
検索エンジンロボットは、リンクを限りなくたどっていきます。多くのサイトからリンクされているサイトは優秀なはずと言う考え方で、検索結果に反映されます。Yahoo!、Google、msn(マイクロソフト)とも、基本的な考え方は同じですか、詳細な部分は、異なっています。

先ほどの個人の運営している登録型の検索サイトに登録することでリンク数を増やしているのです。どこからも、リンクしていないページを作ると、基本的に検索エンジンロボットは、見つけることはできません。また、リンクはあっても、検索結果に表示したくない場合は、検索エンジンロボットに、タグによる方法やサーバー内にその旨記載するテキスト文章を置きます。これを行えば、リンクがあっても、検索結果に表示がされません。

検索結果は、リンク数の多いページが上にヒットすると言う考え方だけだと大きな問題が発生します。

たとえば、「犬」を検索するとき、何らかの犬の情報を集めようとしていますね。 そんなときに、リンク数の多いページの中に、「今日、帰りに、犬にあった」だけのページがヒットしても困ります。 これを避けるために、基本的な考え方は、検索された言葉の頻出回数が多いほど、その検索された言葉の情報が詰まっていると判断されて、上位にヒットします。 こちらのほうも、Yahoo!、Google、msn(マイクロソフト)とも、基本的な考え方は同じですか、詳細な部分は異なっています。

自分のサイトのコンテンツのキーワードは、なになのかを考えておくことが重要です。すべてのページを考えるのでなく、トップページだけでも、キーワードを明確にしておくのは効果的です。

下記の項目は、検索エンジンロボットに関係した項目になります。




SEO対策(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)
検索エンジンの最適化をすることを、SEOと言います。

このSEOを極端にする、簡単に言えば、ページのコンテンツの内容がないのに検索エンジンを勘違いさせて上位にヒットさせることを、違法行為といい、見つかると検索結果から削除されることもあります。背景が白のページに、白色の文字を並べるなどです。

SEO自身を、検索エンジンロボットが嫌っていると言うことはありませんので間違えないでください。検索エンジンロボットも、そのページの趣旨を正しくつかみたいのです。検索エンジンが理解しやすいページを作ることが、SEOなのです。

具体的には次のようになります。
1)キーワードは、必ず、タイトルに入れる。
2)キーワードの頻出回数を数%程度にする。
3)キーワードを、h1タグ等で表示させる。


Yahoo!さんの次のページは、一度目を通しておかれることをお勧めします。
サイト管理者向けヘルプ
サイトの順位を上げるには


同じく、Googleさんの次のページは、一度目を通しておかれることをお勧めします。
ウェブマスター向けヘルプセンターホーム
ウェブマスター向けヘルプセンターホーム>サイトとGoogle
Google のウェブマスター向けのガイドラインはどのようなものですか。
Google と相性の良いサイトを作成するにはどうすればよいですか。
 
 
Googleのページランクについて
Google ツールバーをダウンロードすると、ページランクを知ることができます。このページからリンクされているツールバーの詳細のページに次のように記載されています。
「ウェブサイトの有用性を知るには、ツールバーの PageRankが便利です。この機能は、Google の自動アルゴリズムによりそれぞれのウェブページに割り当てられた重要度を表示します。」

このページランクは、先ほどのページのキーワードとは関係なく、有効なページからのリンクを多数持っているかどうかの尺度になります。


Google の人気の秘密にも、ページランクについて記載されています。


 
 
 
 
レンタルサーバの選び方・独自ドメインの取得 犬のワトソン サイト運営講座 「.htaccess」