http://watchan.net/site/ サイト運営講座
犬のワトソン > サイト運営講座 > 「wwwあり」「wwwなし」、そして、統一する方法
 
「wwwあり」「wwwなし」
http://***.net/とhttp://www.***.net/の表示があります。 現在、wwwは、サブドメインと言う位置づけです。

ところが、歴史的背景から、wwwをサブドメイン設定しなくても、通常は、wwwのサイトが存在するようになっています。 厳密には、サブドメインなしのサイトと、wwwサブドメインのサイトの両方が存在していることになります。

サイト側の設定が不適切の場合、wwwあり、wwwなしのサイトのどちらかが「not found」になります。

検索サイトでは、別のサイトとして認識しています。検索を上位にヒットさせるためには、とっても、損なことです。

一番良いのは、リダイレクトして、ひとつのサイトとするのが適切です。 Yahoo!さんの関連リンクです。
Yahoo! ヘルプ - サイトのURLを変えたので、検索結果のURLを修正したい
Yahoo! ヘルプ - リダイレクトを設定している場合、どちらのURLがデータベースに登録されますか?

Googleさんの関連リンクです。
ウェブマスター向けヘルプ センター - Google でサイトが http--site.com と http--www.site.com の異なる 2 つのサイトとして登録されています。


「wwwあり」「wwwなし」の統一は、リダイレクト(301)で解決
このサイトは、wwwなしで統一しています。wwwありのアクセスがあっても、wwwなしにリダイレクト(redirect)しています。すべてのファイルが、wwwなしにリダイレクト(redirect)されます。

「.htaccess」ファイルは、次のように記載されています。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.watchan\.net
RewriteRule ^(.*) http://watchan.net/$1 [R=301,L]
(空白行)

http://www.watchan.net/にアクセスがあると、http://watchan.net/にリダイレクトされるとともに、「HTTP Response Header」として下記が返されます。
「HTTP Status Code: HTTP/1.1 301 Moved Permanently」
このレスポンスによって、検索エンジンロボットは、自動的に、ひとつのサイトに統合できるようです。

確認ツール
View HTTP Request and Response Header


補足1:
正式な文法は、上記が良いのか、下記が良いのか不明です。
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.su-jine\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://watchan.net/$1 [R=301,L]

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com
RewriteRule (.*) http://watchan.net/$1 [R=301,L]


補足2:
「.htaccess」ファイルは、windowsのOSでは、そのままでは作成できません。「htaccess.txt」で作成し、サーバー側で名前の変更をします。
   


XREAサーバーやCOREサーバーでの「wwwあり」「wwwなし」の統一
バリュードメイン(XREAサーバーやCOREサーバー) では、ウェブの管理画面で、wwwありとwwwなしを作って、どちらかに転送設定するようになっています。この方法だと、トップだけは転送可能ですが、全ディレクトリや全頁を統一できないようです()。ここは、通常の「.htaccess」ファイルのほうが、確実です。

では、バリュードメイン(XREAサーバーやCOREサーバー)の設定方法を解説します。

  1. ウェブの管理画面
  2. バリュードメイン(XREAサーバーやCOREサーバー)では、下記の設定が推奨されています。


    これを、次のように設定します。


  3. 上記によって、「public_html」に、「wwwあり」「wwwなし」のフォルダが作成されます。
  4. FFFTPで確認すると次のようになります。


  5. 転送されるほうのフォルダのなかに、「.htaccess」ファイルを置きます。
  6. この「watchan.net」では、「wwwなし」です。よって、「wwwあり」のほうに、「.htaccess」ファイルを置きます。


  7. これで、完了です。
 
 
 
 
「.htaccess」 犬のワトソン サイト運営講座 アクセス解析について