このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【要約】

 

 

 

うつ病を心の病としてではなく、生物学的に考察してみます。

 

自閉症、統合失調症、線維筋痛症、免疫疾患などは、うつ病への色々なヒントがあります。特に、自閉症は、乳幼児期の発達するときに起こっただけで、うつ病と同じ問題を含んでいる可能性があります。

 

 

 

自閉症・発達障害

 

 

 

 

 

 

 

線維筋痛症(舌痛症・緊張型頭痛・慢性疲労症候群・むずむず脚症候群・肩こり・腰痛・過敏性腸症候群など)

 

 

 

 

 

 

皮膚の炎症(アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症・乾癬・脂漏性皮膚炎など)

アトピー性皮膚炎

アトピーとは、「奇妙な」を意味するギリシャ語に由来します。1923年にCocaが原因不明の過敏反応を起こす状態としてこの用語を提唱しました。

 

アトピー性疾患には、アトピー性皮膚炎以外に、アトピー性気管支炎喘息、アレルギー性鼻炎などがあります。

 

アトピー素因(アトピーになりやすい因子、アレルギー体質)は、次の2つです。

 

即時型の反応とともに、遅延型の好酸球の動員・活性化が行なわれます。

 

現代医学では、主に、外用のステロイド(副腎皮質ホルモン剤)が使用されます。

 

 

 

掌蹠膿疱症

女優の

 

 

 

乾癬

 

 

 

脂漏性皮膚炎は、

常在菌が増える皮膚炎です。

 

 

 

 

これらの原因は分かっていません。

 

慢性扁桃腺炎、虫歯、歯肉炎、金属アレルギー(歯)、毒素、免疫反応の異状などが原因となっていると言う説もあります。

 

この原因となっているものは、自閉症の原因とよく似通っていると思いませんか?

 

免疫反応と腸内環境は密接な関係があります。

 

腸内環境に着目して、毎食後、下記の服用をすると、数ヶ月で軽減する場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー性疾患(食物アレルギー・花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性気管支喘息)

 

 

 

 

 

 

このページの補足情報

 

掌蹠膿疱症の前橋賢医師の書籍

女優の奈美悦子さんの掌蹠膿疱症の治療をされた前橋賢医師の書籍です。免疫反応、腸内環境、ビオチンのことなどが詳しく書かれています。

 

 

腸内研究の第一人者の藤田紘一郎の書籍

 

 

線維筋痛症の書籍

 

 

乾癬の書籍

 

 

 

メガビタミン療法・栄養療法・分子栄養学の書籍

 

 

 

アトピー関連書籍

腸内環境に着目されています。

 

 

ビオチンやミヤリサンの購入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物学的考察 自己評価
抗精神薬(抗うつ剤、抗不安薬、睡眠薬)を絶つ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright 2003-2014 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.