このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【要約】

 

 

 

うつ病を心の病としてではなく、生物学的に考察してみます。

 

麦に含まれるたんぱく質をグルテン、乳製品に含まれるたんぱく質をカゼインと言います。食事に含まれるたんぱく質は低分子のペプチドやアミノ酸まで消化され、小腸から吸収されます。ところが、腸内環境に問題があると、未消化のペプチドが血液内部に取り込まれます。これらは、血液脳関門を通り、脳に悪い影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物学的考察 免疫疾患(アトピーなど)と腸内環境
生物学的考察 有害物質の蓄積
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright 2003-2014 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.