セロトニンの合成方法を明確にして、セロトニンを増やす方法を考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【要約】

 

 

 

うつ病を心の病としてではなく、生物学的に考察してみます。

 

うつ病では、脳内物質のセロトニンが減少しています。抗うつ剤は、この点に着目したものです。但し、セロトニンの量を増やすのではなく、セロトニンの再吸収を阻害します。

 

セロトニンを本質的に増やす方法を考えてみます。

 

セロトニンは、身体の中でどのように合成されるのでしょうか? たんぱく質(プロテイン)が原材料です。血液脳関門を通らないと、脳内にたどり着くことができません。脳内物質の合成を考えるには、血液脳関門が重要なポイントです。

 

 

 

セロトニンと抗うつ剤

うつ病などでは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが減少しています。

 

抗うつ剤は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、そして、興奮剤(精神刺激剤)が使われます。、商品名で言うと、例えば、SSRIはルボックス・パキシル・ジェイゾロフト、SNRIはトレドミン・サインバルタ、、興奮剤はコンサータ(リタリンの代わりに長時間きくコンサータに変わりました)です。

 

セロトニンやノルアドレナリンは、神経のシナプス前膜から放出され、シナプス間隙を飛んで、シナプス後膜に到達し受容体(レセプタ)にキャッチされます。放出したシナプス前膜に再吸収されるルートがあります。セロトニンやノルアドレナリンが減少しているので、再吸収を阻害するのが、抗うつ剤です。

 

抗うつ剤のSSRIやSNRIは、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンを根本から増やしているのではなく、再取り込みを阻害して、あるものを骨までしゃぶろうとしている薬です。

 

 

 

セロトニンやノルアドレナリンが減少しているのならば、原料を増やせば解決する!

神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが、なぜ、減少しているのかとか細かいことは分かっていません。ストレスが原因で再利用がうまくできていない、使いすぎたという説もあります。詳しいことはなにも分かっていないようです。詳細については、「補足情報」の「プロテインから脳内のセレトニンが増えるのか?」を参考にしてください

 

再取り込みを阻害して、あるものを骨までしゃぶろうとしている薬より、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンを増やせばよいのではと思いませんか?

 

このあたりを考えていくと、興味深いことに行き着きます。

 

仮に、製薬会社の研究室で、薬より、セロトニンやノルアドレナリンの原材料である食品を食べたほうが効果があるという実験結果が出たとします。

 

これは、公表されるのでしょうか?

 

そんな実験をされるか分かりませんが、企業活動と言う視点で言えば、公表しないのでしょうね。

 

 

 

セロトニンの合成

セロトニンは体内のどこに?

セロトニンは、脳内以外にもあります。

95%
  3%
2%

 

興味深いことですが、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、Irritable Bowel Syndrome, 通称:IBS)が、この腸内のセロトニンに関係しているという説があります。

 

 

 

 

セロトニンの生成過程

脳内のセロトニンが生成される過程を記載します。

 

トリプトファン → 5-ヒドロキシトリプトファン(略称:5-HTP) → セロトニン(別名5-ヒドロキシトリプタミン、略称5-HT)

 

この過程で、トリプトファンが脳内に入る必要があります。脳内に入るためには、血液脳関門を通ることになります。

 

 

 

腸内のセロトニンは脳に入れるか?

セロトニンは、血液脳関門を通れないようです。なお、5-ヒドロキシトリプトファン(略称:5-HTP)は、通れます。このためだと思われますが、セロトニンのサプリメンとは販売されていませんが、5-ヒドロキシトリプトファン(略称:5-HTP)のサプリメンとは販売されています。

 

 

 

しかし、腸内のセロトニンが、脳に有効と言う説も多数あります

 

 

 

 

材料以外のセロトニン合成に必要なもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うつ病の生物学的考察の概要

生物学的考察 トリプトファンで改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright 2003-2014 Susumu Yoshikawa All Rights Reserved.