http://watchan.net/utubyou/ 職場とうつ病、仕事による過労死など
犬のワトソン > うつ病講座 > うつ病の再発予防
 
うつ病は、非常に再発率の高い病気です。自分自身が行う再発予防以外に、会社側の協力を得ることにより、再発の可能性が減少します。会社が聞いてくれるかどうかは別にして、申告しておきましょう。なお、会社の安全配慮義務の観点からも申告しておくことにより、会社があなたに対して安全配慮義務をする必要が明確になります。
 
 
通院しているかどうか、薬を飲んでいるかどうかの申告
通院し続けているのか、抗うつ薬(抗鬱薬)を飲み続けているのか、すなわち、治療過程なのかどうかは重要なことです。そして、「通院医療費公費負担の対象となる精神障害者」認定中なのかどうかです。精神的な病気のため主治医との関係が良好ならば同じ病院で治療を続けるのが最善ですし、通院医療費公費負担は都道府県単位での認定ですので、転勤は非常に不利益を受けます。会社側の制度としては、本人からの申告がなくても、産業医の定期的な面接での聞き取りや人事担当者が聞き取りを行うべきです。

苦手とする事項の申告
会社が認めてくれるかどうかは別にして、苦手とする事項の申告は必ずしておきましょう。例えば、1)初対面の人と接することに恐怖を感じる、2)疲労・緊張・アルコールを伴うので接待は辛い、3)長期の海外出張は不安であるなどです。これらも、本人からの申告がなくても、聞き取りを行い、適材適所に配置すれば、解決することです。




ここに挙げたような事項を見て、当たり前のことと受け取れる会社とそんなことはできないという会社に明確に分かれます。繰り返しになるので記載しませんが、興味深いところです。

 
 
 
 
 
会社側から見たうつ病 犬のワトソン うつ病講座 うつ病と過労死・過労からの自殺