http://watchan.net/utubyou/ おまけ うつ病に知り合ったことで人生に変化を
犬のワトソン > うつ病講座 > 心理 カウンセリング カウンセラー
 
うつ病の急性の症状のときは、薬と休養です。

症状が落ち着いてきたときに、自分自身を見つめなおすのにカウンセリングが重要となってきます。自分自身を見つめなおすことにより、うつ病の再発を防ぐことが可能です。

このカウンセリングについて、次の2点の視点で考えてみましょう。
1)カウンセリングを受ける
2)カウンセラーになる
 
カウンセリングを受ける
通院している病院でカウンセリングを受けれれば最適です。しかし、カウンセラーが常駐しているところは少ないと思います。

メールや電話などによるカウンセリングをしているところがあります。検索して調べてみてください。

現在のかかっている病院の医師に相談してみるのもよいかもしれません。

 
 
カウンセラーになる
うつ病になって、心理カウンセラーに興味を持ってみるのも、人生へのプラスの変化です。カウンセラーになる気がなくても、自分自身を見つめなおすのに、カウンセラーになるための通信教育で学ぶのは、価値あることです。また、最愛の人がうつ病などのとき、最愛の人を支えるために心理学の知識を持っていると非常に有効です。

カウンセラーになるための絶対的な資格はないようです(病院でのカウンセラーは、臨床心理士の資格を持っている方がされているようです)。心理カウンセラーになるための知識は、通信教育などで学ぶことができます。

それぞれの講座は、各種各様です。多くの資料を取り寄せて、比較検討してみましょう。

1)日本プロカウンセリング協会のなかに心理カウンセラー資格認定講座があります。

2)社会教育総合研究所のなかにメンタルケア心理士の講座があります。

3)介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』のなかに心理カウンセラーの講座があります。

4)介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで! のなかに心理カウンセラーの講座があります。


 
 
 
 
 
国の指針・関連制度・資料のリンク 犬のワトソン うつ病講座 アロマテラピー