http://watchan.net/utubyou/ 長引くうつ病
犬のワトソン > うつ病講座 > うつ病の治療ポイント―長期化の予防とその対策
 
基礎的なことを十分理解してから、うつ病の上級講座をお読みください。うつ病は、「服薬と休養で必ず治ります」とこのサイトでも記載しています。また、再発は非常に起こりやすい旨記載しています。それ以外に、これまでは触れてきませんでしたが、1年以上服薬と休養を続けても治らないケースもあります。ここでは、この長引いているかたや再発するかたに参考になる事項を記載しています。
 
 
病院に通院し、休養もしているのになかなか治らない。書籍やサイトで知識もある程度は持っているのに、治らない人の場合、次の本を、一度読まれてみませんか? 非常に参考となります。現在の治療をそのまま続けてよいのかなども一度この本を読んで考え直してください。

この書籍は、他のページでも取り上げていますが、精神科医向けに書かれた本ですが、うつ病の本人や周囲の方にも理解できるように配慮されています。一定のうつ病の知識を持たれている人が読むと非常に参考になります。患者のことを本当に理解してくれる精神科医と言うことも伝わってきます。

  cover うつ病の治療ポイント―長期化の予防とその対策
著者:平井孝男  出版社: 創元社
発行年月:2004年09月  価格:¥2,100(税込)

この本の内容をつかんでいただくために、目次を記載いたします。出版社のデータにも目次の記載がないため、手入力しました。変換ミスなどの誤入力があるかもしれませんが、お許しください。

第1部 解説編
  第1章 抑うつとは
    1 うつの定義
    2 うつ病の頻度
    3 うつ病は風邪と同じか
    4 うつ状態とその経過の多様性
    5 うつ病は治りにくいか
    6 うつ病は初期の対応が大切
    7 うつ状態は、いろいろな病態にあらわれる
    8 抑うつと不安は人間の条件
    9 不安や抑うつとどうつきあうか
  第2章うつ状態とは
    1 普通の憂うつ、うつ状態、うつ病の比較
      (1)「普通の」憂うつとうつ状態の共通点と相違点
      (2)うつ状態とうつ病
    2 うつ状態の症状
      (1)精神症状
      (2)身体症状
      (3)症状に関する補足
  第3章 うつ状態の原因
    1 原因探しの注意点
    2 うつ状態を引き起こす要因
      (1)状況因
      (2)性格因
      (3)身体因
    3 うつ病に共通する基底的構造
      (1)順調希求姿勢
      (2)現在の自分の否定
      (3)高い要求水準
      (4)時間の分断化
      (5)対象との一体感
      (6)過剰適応
      (7)病い意識の積み重なり
    4 うつ状態の原因探求と長期化の予防
    5 実例を通して原因を見る
      [事例A] 中年男性のうつ病、47歳
  第3章 うつ状態の治療
    1 治るとはどういうことか
    2 初回面接
      (1)受容、共感
      (2)面接時の注意
      (3)病歴聴取
      (4)治療、薬物投与、休養の必要性の説明
      (5)病気を認めることや治療に抵抗する人に対して
      [事例B]うつ状態と思われる男性会社員、40歳
      (6)その他、初回面接で考えておくこと
      (7)初回での薬と見通しについての説明
      (8)初回で重大な決定をしないこと
    3 治療中の重大な事柄
      (1)理想的経過
      (2)治療期間中の行動の注意
      (3)うつ状態の振り返り、うつ体験の見直し
      (4)復職や社会復帰の際の注意点
      (5)回復後のアフターケア
      (6)治療の終了とは
  第5章 薬について
    1 抗うつ薬の一般的説明
      (1)うつ状態に使う薬
      (2)抗うつ薬の効果と種類
      (3)抗うつ薬
      (4)抗うつ薬の作用機序とうつ状態の要因
    2 抗うつ薬の使い方
      (1)抗うつ薬の目的
      (2)抗うつ薬使用にあたっての注意
    3 抗うつ薬の辞めかた−減薬、中止の仕方
      (1)漸減法が原則
      (2)減らすときの目安
      (3)漸減段階での注意
      (4)薬物中止後のアフターケア
    4 間接的薬理効果について−薬をめぐっての話し合い
      (1)薬への抵抗とその話し合いの効果
      (2)薬を拒否する場合
      (3)薬に対するためらい
      (4)勝手に服薬を中断する場合
      (5)薬が効かないと言う患者に対して
    5 薬との付き合い方−カウンセリングとの関係
    6 薬を漸減して言った例
      [事例C]抗不安剤、抗うつ薬を漸減していった男性 35歳
    7 薬の使い方・やめ方はさまざま
      (1)減薬のペースが速い場合
      (2)減薬のペースが遅くなる場合
      (3)早いか遅いかを決める要因
      (4)長期に服用する場合
      (5)長期服用の可否
      (6)長期服用後、薬をやめた場合
      (7)適量が大事
    8 薬の効果的な投与法10カ条
  第6章 自殺について
    1 自殺の実態
    2 うつ病と自殺の関係
    3 自殺の原因
    4 うつ病における自殺の可能性
    5 自殺の可能性が高い時期
    6 自殺の前兆とは
    7 自殺の可能性のある患者の対処
    8 うつ病による自殺未遂の事例
      [事例D]男性会社員、43歳
  第7章 入院治療について
    1入院治療の適応
      (1)絶対的適応
      (2)相対的適応
    2 入院する際の注意
      (1)本人に関する見立て
      (2)どんな病院・病棟がふさわしいか
      (3)入院に際しての説明
    3 入院中の注意
      (1)チーム医療の重要性
      (2)入院治療の焦点
      (3)入院にまつわる困難について
      [事例E]うつ病の女子大生
    4 退院時の注意
  第8章 家族への対応
    1 家族を支える−家族の苦難、疲労、罪責感を和らげる
      (1)家族の話の傾聴とねぎらい
      (2)罪責感を和らげ、今までのことを評価する
      (3)家族と信頼関係を築くことの大切さ
    2 家族が一番聞きたがっていること
      (1)家族はいろいろ知りたがっている
      (2)家族に考えさせながら伝える
      (3)家族の主体性を重んじる
    3 家族に伝える内容と伝え方
      (1)治療をめぐっての質問に対する答え方
      (2)患者への接し方について
      (3)励ましの有害性について
      [事例F]男性会社員(40歳)の妻と治療者の対話
      (4)励ましてもよい場合
      (5)原因に関する家族の質問に対して
    4 学んだ対処法ができているかどうかの評価
    5 長引くうつ病と家族の態度
  第9章 遷延性・難治性うつ病とその治療
    1 長期うつ病の増大
    2 治りにくい要因
      (1)治療目標の間違いとその是正
      (2)治療者の観察不足や判断の誤り
      (3)良好な治療関係の未確立
      (4)薬に対する誤解
      (5)病前性格の根深さ
      (6)ストレス状況の持続
      (7)治療者の説明不足
      (8)薬があってない、量が不適切
      (9)執着が強すぎる場合
      (10)支持者、サポートする人の不在
      (11)他の疾患の合併
      (12)そのほかの遷延要因
    3 要約
第2部 事例編 長期化する種々のうつ状態とその治療例
  第10章 遷延性・難治性うつ病の事例
    1 種々の要因が絡み合った遷延うつ病
      [事例G]男性会社員、48歳
    2 職場のストレス状況が強すぎた遷延うつ病
      [事例H]男性会社員、37歳
    3 家族的要因でうつ病が遷延する場合−家族の働きかけでよくなる場合
      (1)家族の変化でよくなった例
      [事例I]男性会社員、45歳
      (2)家族合同面談によって本人にがされ、改善した遷延うつ病
      [事例J]男性会社員、40歳
      (3)夫婦で料理を作り合って改善した遷延うつ病
      [事例K]主婦、63歳
    4 再発を繰り返す例
      [事例L]主婦、32歳
    5 働きすぎによる遷延うつ病
      [事例M]男性医師、31歳
    6 抑うつ性パーソナリティを持った遷延うつ病
      [事例N]独身女性、28歳
    7 自律神経失調症をともなう長期うつ病の治療例
      (1)自律神経失調症とは
      (2)自律神経失調症の背後に潜む遷延うつ病
      (3)遷延うつ病が潜んでいた自律神経失調症
      [事例O]主婦、45歳
  第11章 対象喪失と遷延うつ病の事例
      1 対象喪失とは
      2 対象喪失による病的反応
      3 対象喪失に対する悲哀の仕事
      4 悲哀の仕事を妨げるもの−執着からの解放を妨害するもの
      5 対象喪失からうつ病になった事例
      [事例P]夫の急死後、うつ病が遷延した女性、45歳
      6 子離れという対象喪失にあってうつ病になった女性例
      [事例Q]女性、62歳
      7 定年後にうつ病に陥った男性例−仕事や地位の対象喪失とその回復過程
      [事例R]男性、62歳
  第12章 夢を利用した遷延うつ病治療の事例
    1 夢はどのように治療の役に立つか
      (1)夢は無意識を知らせてくれる
      (2)情動のイメージへの変換
      (3)その他の夢の効用
    2 夢を扱うときの注意
    3 強迫をともなった遷延うつ病における夢利用
      [事例S]独身女性、35歳
    4 離人症状をともなう遷延うつ病治療における夢利用
      [事例S]独身女性、28歳
    5 長期の腰痛をともなう遷延うつ病治療における夢の利用−心身症とうつ状態について
      [事例S]慢性腰痛を訴え続けた15年の治療過程、主婦、50歳
    6 最後に
あとがき
参考・引用文献
 
 
 
 
 
長引くうつ病 薬の投与量について 犬のワトソン うつ病講座 うつ病の生物学的考察の概要