http://watchan.net/utubyou/ 病気になったときに必要な知識
犬のワトソン > うつ病講座 > うつ病の治療
 
うつ病の治療(鬱病の治療)の基本は、薬と休養です。少し良くなってくれば、うつ病の治療として、カウンセリングや認知療法等も、人によって有効です。しかし、最悪期のうつ病の治療、薬と休養です。
 
うつ病の治療の基本は、薬と休養
 
心療内科を受診して、うつ病と診断された場合、当然医師からの注意事項を、聞かれていると思います。製薬会社のうつ病の小冊子をもらわれているかもしれません(製薬会社名を書かれている小冊子以外に、「こころのくすり箱」 「こころの診察室読本」 「患者さんを支えるご家族の方へ」 「ストレスが気になる方へ」と言う小冊子には発行者が記載されていませんが、パキシルなどの製薬会社「グラクソ・スミスクライン 」の冊子です)。これらと重複する事項もありますが、それら以外の些細なことも含めて記載いたします。


うつ病の治療(鬱病の治療)のための薬は、抗うつ薬(抗鬱薬、抗うつ剤、抗鬱剤)、気分安定薬(精神安定薬、気分安定剤、精神安定剤)、抗不安薬(抗不安剤)、睡眠導入薬(睡眠導入剤)などが症状に応じて処方されていると思います。それぞれの内容は、「うつ病のお薬」で確認できます。


1回目の説明で聞かれてないと思いますが、アルコールやカフェイン飲料は禁止です。アルコールは睡眠の質を悪くする(睡眠が浅くなる)こと、抗不安薬や睡眠導入剤の一部のものとアルコールを併用すると記憶が飛ぶなどの症状が起こるなどのためです。カフェイン飲料も、心の病のときはあまり良くないようです。また、自宅療養中のときなどは、ともかく、眠くなれば、寝ることによって休養となります。その点からも、カフェイン飲料は避けるべきです。
 
 
うつ病の治療(鬱病の治療)のために使用される睡眠導入薬(睡眠導入剤)は、当然のことながら、気分安定薬(精神安定薬、気分安定剤、精神安定剤)、抗不安薬(抗不安剤)も、眠くなる可能性があります。自宅療養ではなく、出勤などが認められている場合、特に、車を運転するときは、カフェイン飲料やカフェイン入りガムなどで、うまく眠気を取りましょう。事故を起こすよりはましです。出勤中も、眠気に襲われる可能性があります。職場の周囲の人に、うつ病治療中ということを宣言して、「少しのコックリは容認してもらう」ような理解を得るべきです。


うつ病の治療(鬱病の治療)のための薬と動きが少なくなる(自宅療養のとき)ことにより、便秘気味になります。便秘薬が処方されている場合もあります。便秘がひどいようですと、次回の診察時、医師に述べて、便秘薬も処方してもらえばよいでしょう。なお、ある種の食物により、便秘を解消することも可能です。例えば、プルーンです(乾燥、ゼリー、エキス)。しかし、プルーンは利尿作用も伴いますので、頻繁に起きてトイレに行くようですと、睡眠を妨げる可能性もあります。これらは、人によって、大きく異なりますので、自分の身体に合わせて試してみてください。


うつ病の治療(鬱病の治療)のための薬を飲み始めた途端、延々と眠り続ける人もいます(オヤジは、初日、約20時間、トイレも行かずに眠り続けた)。今までの緊張と疲れが、一気に出てくるようなときです。これも、個体差が大きいようです。現在の睡眠導入薬(睡眠導入剤)などは、昔のような危険性はありませんので、心配せずに、ともかく、身体が欲しているようにすれば良いのです。


うつ病の治療(鬱病の治療)のための薬を飲み始めて緊張が取れると、一点凝視なども起こる場合があります。そして、たぶん、この頃は、社会復帰はもう無理などと考えている頃です。
 
うつ病の治療(鬱病の治療)のために使われる抗うつ薬(抗鬱薬)について説明いたします。


現在の抗うつ薬(抗鬱薬)の第一選択肢は、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors : 選択的 セロトニン 再吸収 抑止剤)です。この薬は、2週間〜4週間経過後に、効果が出始める薬です。この期間(2週間〜4週間)以前は、気分安定薬(精神安定薬、気分安定剤、精神安定剤)、抗不安薬(抗不安剤)、睡眠導入薬(睡眠導入剤)のみの効果です。ですから、初めの1ヶ月程度は、「社会復帰はもう無理」と思っていても、その後、必ず、気持ちの変化が見られます。この点は安心してください。ですから、ともかく、あまり心配せずに、ぼ〜と、休養していれば良いのです。


SSRIは、副作用の少ない薬ですが、なんらかの副作用が出る可能性があります。人によっては、がまんの許容範囲を超える場合もあります。この点は、医師と充分に相談してください。他の薬にする、量を変えるなど選択肢は、あります。


副作用は、めまい、吐き気、ねむ気、口の渇き、便秘、無動、口をつぐむ、筋肉のこわばり、嚥下障害、頻脈、血圧変動、発汗、発熱などです。なお、ここで言うめまいは、平衡感覚の異常が中心です。


出勤の許可をされている場合で、一番重要なことは、酒を飲みに行かない、宴会に参加しないことです。飲みに行くと、アルコール、疲労、睡眠時間減少、気配りなどで、急激に悪化する可能性があります。ここで、話をややこしくするのが、うつ病の知識のない周囲や上司です。あなたが、うつ病になったと聞いて、気晴らしになると思って、誘ってくる可能性があります。また、上司が、責任を感じて、ストレスの原因を聞くために誘ってくる可能性があります。この場合、断固拒否です。うつ病は、休養と睡眠確保が重要なこと、アルコールはうつ病では禁止されていること、飲んでいる薬との関係でアルコールは飲めないことを明確に答えるべきです。


出勤の許可されている場合、次に重要なのが、残業、休日出勤です。これらは極力避けましょう。うつ病になるタイプの多くは、断れないと言う性格を持っています。自分で断れないでしょうから、医師から禁止されているとでも言いましょう。


ここから、犬として、非常に重要なことを記載します。あなたの頭の片隅に、「自殺」と言う言葉がある場合です。あなたは、1)現在へとへとになっていて楽になりたい、かつ、2)自分をそれほど愛してくれている人がないから死んでも良いのではないかと思っていませんか? まず、現在のしんどい気持ちは、薬と休養で、ゆっくりですが、楽になっていきます。次に、あなたを愛している人は必ずいます。仮に、あなたの家族が、うつ病のあなたを責めているのならば、うつ病の理解ができないためです。また、家族以外でも、あなたを愛している人がいます。あなた自身が、病気で気づかないだけです。そして、あなたの親のことを思い浮かべてください。あなたが、親とうまくいかずうつ病になった場合でも、親はあなたを愛しています。親自身が、過去の生い立ちや現在の状況からあなたにつらくあたっている(または、あたった)のです。現在のあなたには余裕がないので、許すことができないかもしれません。でも、親はあなたを愛しています。


あなたは、このサイトにたどり着いた。そして、そこには、変な犬がいた。その犬は、あなたに生きていてほしいと言っている。まぁ〜、なんちゅうか、かんちゅうか、うまく言えないのですが、う〜 ワン!
 
 
うつ病の治療(鬱病の治療)としての意識改革
 
長期的にうつ病の治療(鬱病の治療)を考えると、うつ病になった原因究明とその原因へのかかわり方の改革が必要です。仮に治ったとしても、うつ病になった原因が除去されていなければ、また、発病する可能性があります。原因を除去できない場合、その原因へのかかわり方、言い方を変えれば、意識改革(認知の改革)が必要です(性格を変えようとすると、余計なストレスになりますので、ものの見方を変えようということです)。例えば、冗談のように思われるでしょうが、平社員や中間管理職でありながら、「会社を自分で背負って立つ」意識から、うつ病になる人が非常に多くあります。会社との距離のたもち方の意識改革が必要です(勤務時間の間は従来のように会社を自分で背負って立つ意識でも、勤務時間以外は趣味を充実させ会社のことは考えないなど)。

 
うつ病の治療(鬱病の治療)としてのカウンセリング
 
上記の意識改革(認知の改革)などに役立つのが、カウンセリングです。通院している病院でカウンセリングを受けれれば最適です。しかし、カウンセラーが常駐しているところは少ないと思います。メールや電話などによるカウンセリングをしているところがあります。

 
 
 
 
 
うつ病かなと思ったらまず病院へ 犬のワトソン うつ病講座 うつ病が良くなり始めたら