http://watchan.net/utubyou/ みんなが知っておくべき基礎知識
犬のワトソン > うつ病講座 > うつ病は気持ちの問題?
 
うつ病の症状は、うつ病になっていない人でも、たまに経験する症状です。それでは、うつ病は、気分だけの病気なのでしょうか? 違います。うつ病になっているときは、脳内の神経伝達物質に変化が起こっています。セロトニンやノルアドレナリンなどの働きが悪くなっています。このセロトニンやノルアドレナリンが減ると、気持ちの活性化が伝えられずに憂うつ感などを引き起こしてうつ病になると考えられています。
 
 
分かりやすくいえば、足がだるい状態(肉体的な損傷がない状態)と足が折れている状態(肉体的な損傷がある状態)の違いです。足がだるいだけならば励まして走れと言うべきですが、足が折れているならば即刻中止させるべきです。

足がだるい状態と足が折れている状態では、本人も周囲も違いが分かると思います。しかし、うつ病の場合は、本人も周囲も、症状が気持ちの問題なので、なかなか区別が難しくなります。



ドクター・ワトソン(犬) シナプス

ドクター・ワトソン(犬) シナプス大解説図
 
 
現在のうつ病治療の薬は、セロトニンやノルアドレナリンに働きかける薬です。

うつ病のひとは、このセロトニンやノルアドレナリンが少なくなっています。現在の治療の中心となっているSSRIは、Selective Serotonin Reuptake Inhibitors : 選択的 セロトニン 再吸収 抑止剤の頭文字です。少なくなったセロトニンの再吸収を妨げる薬なのです。また、SNRIは、Serotonin-Noradrenaline Reuptake Inhibitor : 選択的 セロトニン 再吸収 抑止剤の頭文字です。SNRIの方があとから開発されたため、セロトニンやノルアドレナリンの両方に働きますが、頭文字は、ノルアドレナリンとなっています。

ここで、「ドクター・ワトソン(犬) シナプス大解説図」をご覧ください。放出側のシナプス前膜で、再取り込みが起こっています。SSRIは、「選択的 セロトニン 再吸収 抑止剤」と言うことで、「少なくなったセロトニンを、無駄に取り込むな!」と言う薬なのです。
 
 
 
 
 
うつ病の症状 犬のワトソン うつ病講座 うつ病になりやすいタイプとは?